Besline次亜塩素酸メーカーの口コミ・評判を確かめる|良い点と悪い点をチェック

Besline 2000ml 次亜塩素酸水生成器は手軽に次亜塩素酸を作れる製品であり、除菌やウイルス対策に有効です。

Besline次亜塩素酸メーカーについて口コミや評判などを確認していきます。

Besline次亜塩素酸メーカーの良い口コミや評判

何点か良い口コミや評判を確認することができますのでそれらを見ていきましょう。

濃度によって色々な用途に使える

濃度によって色々な用途に

こちらの口コミのように、濃度を使い分けることによっていろいろんな用途に使えるのがBeslineのメリットの一つです。

具体的には低濃度:5分間の電解、濃度:150-200mg / L、中濃度:15分間の電解、濃度は500-600mg /L、高濃度:30分間の電解、濃度は:1000mg / L となり、使い分けが可能です。

地肌に触れそうなところは低濃度、ゴミの少数などには高濃度などで使い分けが便利です。

繰り返し作れる

他の製品と違って繰り返し作れる

この口コミのように材料があれば繰り返し除菌水を作れるのが大きなメリットです。

次亜塩素酸の既製品だと使ってしまうとそれで終わりであり、細菌は品薄でなかなか手に入りません。

一方でBeslineは材料があれば何度でも作れるため、除菌水が不足しがちでも安心して過ごすことができます。

Besline次亜塩素酸メーカーの悪い口コミや評判、欠点は?

Besline次亜塩素酸メーカーの悪い口コミや評判は現時点ではあまり見られません。

しかし、欠点という内容も中にはあります。

そもそも生成されるのは次亜塩素酸水?次亜塩素酸ナトリウム?

そもそもBeslineで生成される除菌水の成分がいまいちはっきりしません。

製品名は「Besline 2000ml 次亜塩素酸水 生成器 電解次亜水メーカー」となっており、「次亜塩素酸水」とはっきり明記されています。

一方、動作原理では、「電解塩化ナトリウムは塩素を生成し、水と反応して水素と水酸化ナトリウムを生成し、塩素と水酸化ナトリウムは塩化ナトリウムと次亜塩素酸ナトリウムを生成します。」となっており、「次亜塩素酸ナトリウム」を生成するとなっています。

「次亜塩素酸水」と「次亜塩素酸ナトリウム」は、ともに塩素系の除菌水ではあるものの、安全性の面で大きな違いがあります。

次亜塩素酸ナトリウムはハイターに代表される漂白剤の成分で、もちろん効果は高いですが、皮膚に付いたり口に含んだりするのは大変危険です。

一方で次亜塩素酸水は、非常に安全性が高く、人に触れてもすぐに水に分解されるため、ほとんど無害であり、少量であれば口に含んでもあまり問題ありません。

このように安全面で大きく異なる両者であるため、どちらが生成されるのかは割と重要です。

次亜塩素酸水にしろ、次亜塩素酸ナトリウムにしろ、いずれも除菌力や抗ウイルス活性はあるため、安全面で特に気にならない場合は良い製品ですが、安全面をきにする人は少し考えた方が良いかもと思える製品です。

確実に安全なのは次亜塩素酸水

確実な安全性を求める場合は、次亜塩素酸水の方が良いでしょう。

もしBeslineで安全性に不安が残るような場合は、既製品の次亜塩素酸水を購入するのが確実です。

次亜塩素酸水の製品では、例としては「除菌水ジーア」などがあります。こちらは60ppmの次亜塩素酸水が正確に作られているため、高い安全性と効果が期待できます。

除菌水ジーアの詳細については、除菌水ジーアの口コミなどで検索すると確認できます。定期コースでの購入となるため、継続的に除菌水を使いたい場合に向いています。

現時点では除菌水ジーアは在庫があるため、もし品質の高い次亜塩素酸水を使いたい場合は選択肢の一つと言えます。

<在庫があるうちにウイルス対策を>除菌水ジーアの公式サイトへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました